20代でも薄毛が気になる!そんな女性がチェックするべきこと

豊かでつややかな髪は、女性なら誰でも憧れます。
「髪は女性の命」と言われるほど、美しさを左右するからです。

しかし40歳すぎくらいから、豊かでつややかどころか、薄毛になってしまうことがあります。
抜け毛の本数がいやに多かったり、どんなにセットしても髪のすき間から地肌が見えたり。

もし薄毛が気になり始めたら、何をすれば良いのでしょうか。

早ければ20代から?!薄毛に悩む女性が増えています

化粧品の進化やエステサロンの普及、
女性の美に対する意識の高まりによって、美容法は発展する一方です。

40歳をすぎても美肌だったり、50歳代なのにシワひとつなかったり。
全く年齢を感じさせない、若々しい女性が増えているのです。

ところが最近、薄毛に悩む女性はむしろ増えていると言われています。

女性の薄毛といえば50代前後の悩みと思われていたのですが、
早い人では20歳代から、抜け毛の多さや髪の薄さに気がついているのです。

抜け毛は一日あたり50本から100本、多い人では200本以上抜けても問題ありません。

シャンプーやブラッシングで髪の毛が抜けていくのは、身体の自然なしくみ。
抜ける本数も個人差が大きく、ほとんどの抜け毛は心配ない範囲だからです。

でも、髪が抜ける時の感触がいつもと違う。
一度にこんなにたくさん抜けているのを見たことがない。

「抜け毛のようすがいつもと違う」に気がついたら、育毛対策をスタートしましょう。

薄毛が気になったら「女性用育毛剤」をチェック

薄毛が気になったら、チェックしたいのが「女性用育毛剤」です。

化粧品メーカーが美容効果を競いあっているのと同じで、
育毛剤メーカー各社でも、育毛効果の高い素晴らしい商品が出揃っています。

とくに人気が高いのは「マイナチュレ」。
3種の育毛有効成分、27種の天然植物由来成分、10種のアミノ酸など、
髪に良い成分がたっぷりと配合されています。

他にも「ベルタ育毛剤」「花蘭咲(からんさ)」「デルメットヘアエッセンス」など、
人気商品がたくさんあり、それぞれに高い育毛機能を誇っています。

抜け毛や薄毛の原因は人それぞれなので、
自分の体質にふさわしい育毛剤なら、どんな商品を購入しても良いのですが、

何を買うときでも気をつけたいのが、「女性用の育毛剤を買うこと」。

育毛剤にはかならず「男性用」「女性用」と書かれています。

これは、男性と女性では脱毛の原因が異なり、
育毛剤に配合されている成分も違っているからです。

もし、女性がまちがって男性用の育毛剤を使った場合、
商品によっては女性に有害な成分が含まれていることがあります。

育毛剤を選ぶ時は、自分の髪質や体質に合っていることも大切ですが、
「女性用育毛剤を選ぶ」という、基本中の基本を忘れないようにしてください。

育毛剤をつけても髪が伸びない!効いていないの?

何日か育毛剤を頭皮につけてみて、
「髪が伸びていない気がする。育毛剤が効いてないんだわ」
と思ってしまうのは、気が早すぎです。

育毛剤は、ドリンク剤か何かのように「今日使ったら、今日効いた!」となるものではありません。

漢方薬のように、毎日コツコツ使い続けて、
ある日気がついたら「効果が出ている!嬉しい!」となる感じです。

まずは1ヶ月、できれば数ヶ月くらい様子を見るつもりで、気長にゆっくりと続けてみてください。

それでも効かない気がするという場合、
自分の抜け毛の原因と、育毛剤の機能が合っていないのかもしれません。

抜け毛の原因は個人によって大きく違い、
加齢やストレス、喫煙、食生活など、全部で10種類以上あると言われています。

たとえば喫煙が抜け毛の原因だったとき、
喫煙を続けながら育毛剤をつけていたのでは、抜け毛を解消しにくくなります。

喫煙という抜け毛の原因ががんばっている頭皮に育毛剤をつけるわけですから、
育毛剤の効果が発揮されにくいのです。

この場合、禁煙して抜け毛の原因を減らせば、
育毛剤の機能が働きやすくなり、発毛という結果が早く現れます。

育毛剤が合わないと感じる時は、強いストレスや乱れた食生活など、
育毛剤の効果を下げているものがないか、チェックしてみましょう。

育毛剤の効果を、最大限発揮するには?

育毛剤を使っても薄毛が解消しない時は、
抜け毛の原因をつきとめて、それを解決するしかありません。

むしろ抜け毛の原因をしっかり解消してから育毛剤をつけたほうが、
育毛剤の効果が早く現れるのです。

抜け毛の原因は個人差が大きく、10種類以上あると言われていますが、代表的なのは「加齢」です。

年齢が進むと女性ホルモンが減少し、身体全体にさまざまな影響を与えます。
その影響の一つが、毛根が細くなること。これが薄毛の原因となります。

次によく知られている原因が「ストレス」。
ストレスは心身はもちろん、頭皮の健康にも影響するものなのです。

ストレスと同じように頭皮を不健康にするのが「食生活」。

いつも外食で食事をすませたり、甘いものばかり食べていると、栄養バランスが偏ります。
頭皮に栄養が行き届かず、髪の毛を育てる力がなくなってしまうのです。

また、髪の毛が気になるからと、ヘアケア製品を大量に使ったり、
シャンプーを強くやりすぎたりすると、頭皮に負担がかかってしまいます。

髪も頭皮も、繊細でデリケートなものです。
薄毛が気になるときは、ストレスや食生活など、身体の負担になるものを見直し、
いつも以上に優しく丁寧にヘアケアしてから、育毛剤をつけましょう。

原因や症状によって違う!?女性の育毛剤の選び方。

薄毛は男性だけのもの。なんて思っているかたはいませんか?
最近、女性でも薄毛に悩む方は増えてきています。

女性の場合、出産を機にホルモンのバランスが崩れ、薄毛になる方が多いようです。
とはいっても、原因はそれだけではなく千差万別。その原因によって選択するべき育毛剤も変わってくるのです。

では、どんな症状や原因の時に、どんな育毛剤を選ぶと良いのでしょう。
具体的にお伝えしていきましょう。

男性ホルモンが優位になった時に効果がある育毛剤

最近抜け毛がひどくて…。
というときの原因で多いのが、男性ホルモンが女性ホルモンよりも優位になることです。

もともと女性よりも男性に薄毛の方が多いのはそのためです。
女性でも、ホルモンのバランスが崩れてしまうと、男性ホルモンが優位になってしまうことがあります。
その原因として、

・元々男性ホルモンが多い傾向にある

・仕事などでストレスを強く受けている

・更年期などで女性ホルモンの量が減っている

という3つが主にあげられます。

男性ホルモンが優位になると、髪の毛を作る元になるタンパク質の合成が阻害されたり、皮脂の分泌が過剰になるため毛穴が詰まってしまったりします。
そのため薄毛になってしまうのです。

この場合の育毛剤には、男性ホルモンの働きを抑える作用のあるものや、女性ホルモンを調整する作用があるものを選択しましょう。

育毛剤の例

デルメッドヘアエッセンス

ザクローペリ

スカルプDボーテ

ヘアカルチ
など

また、大豆のイソフラボンなど、女性ホルモンの分泌を促してくれる食品をとることも効果的です。
頭皮に気を配るだけではなく、食生活にも気をつけることが大切です。

毛根細胞の栄養不足に効果がある育毛剤

抜け毛に短い毛髪が混じっているという方はいませんか?
そんな方は、毛根細胞が栄養不足になっている可能性があります。

短い毛が抜けるということは、毛髪が成長する前に抜けてしまっているということです。
毛髪の成長には、毛根細胞が重要な役割をになっています。
しかし頭皮が血行不良を起こしてしまうと、毛根細胞が栄養不足になってしまい、発毛のサイクルが乱れてしまうのです。

その原因として、

  • 睡眠不足
  • 無理なダイエット
  • アルコールのとりすぎ
  • 喫煙

などがあげられます。生活習慣の乱れが原因になるようです。
またこのほかにも、体の冷えや、運動不足、新陳代謝の悪化など様々な原因が挙げられます。

この場合は、血行を促進する効果のある育毛剤を選ぶと効果がえられます。

育毛剤の例

花蘭咲

MUNOAGE育毛剤

CA101育毛剤
など

なお、育毛剤だけではなく、頭皮マッサージや湯船にゆっくりつかること、食事に気をつけることなどでも頭皮の血行をよくすることができます。
頭皮の血行をよくするには、毎日の生活習慣を見直すことも大切です。

頭皮が乾燥したときに効果がある育毛剤

お肌が乾燥しがちな方は、もしかしたら頭皮も乾燥しているかもしれません。
細かいフケが多いという方は、頭皮が乾燥しているサインかもしれません。

頭皮は正常な状態の時、バリア機能が働き保護されています。
しかし頭皮が乾燥すると、このバリア機能が失われてしまい、頭皮にトラブルが起こることがあります。
頭皮トラブルが頭皮の炎症を引き起こし、その性で毛根細胞が傷つき、髪が細くなってしまったり、抜け毛がひどくなってしまったりするのです。

その原因として、

  • パーマやカラーリングのしすぎ
  • シャンプーの方法が間違っている
  • もともと乾燥しやすい

というようなことがあげられます。

乾燥が原因と考えられる場合は、保湿効果のある育毛剤を選びましょう。

育毛剤の例

ハリモア

マイナチュレ

フローリッチ
など

育毛剤だけではなく、頭皮改善に良いシャンプーなどを使ってみるのも効果があるでしょう。
また、このタイプは敏感肌の方も多いため、髪につけるものは肌に優しい成分のものを選ぶことも大切です。

皮脂の分泌が多いときに効果がある育毛剤

同じフケでも、大きなフケが発生している場合は頭皮の皮脂が過剰に分泌している証拠です。
皮脂が過剰に分泌することで、頭皮の毛穴がふさがれてしまい、常在菌の異常な繁殖を引き起こします。
この常在菌の繁殖が炎症反応を引き起こしてしまい、毛根細胞を傷つけてしまうのです。

この原因は、

  • ホルモンバランスの崩れ
  • シャンプーのしすぎ
  • もともと肌質が脂性肌

などがあげられます。

皮脂の分泌異常は、先ほどもお伝えしたようなホルモンバランスが原因のこともあったりするのでほかの症状も参考にしてみると良いでしょう。
また、皮脂の分泌の異常が、実は皮脂をシャンプーによって落としすぎていることから引き起こされていることも女性の場合は少なくありません。
皮脂を落としすぎることで、体が過剰に皮脂を分泌してしまうのです。
ですから、皮脂が多いからといって洗いすぎるのも良くないのです。
皮脂の分泌が多いと感じる方は、まずはその原因を探ってみましょう。

大きなフケが目立つ場合、多くの場合炎症を起こしています。
ですから、抗菌作用や、抗炎症作用、抗酸化作用がある育毛剤がおすすめです。

育毛剤の例

ハリモア

リリィジュ

長春毛精
など