薄毛の原因!汗を放置しない事が育毛に必要

汗かきの男性の多くが薄毛になるイメージがあります。

実は汗をかけば薄毛になるという訳ではなくて、汗をかいたまま放っておいたら薄毛になっていくのです。薄毛にならず育毛をしていくために、薄毛になる原因と対策を紹介しましょう。

薄毛の原因!汗は身体にとって必要?

汗をかけば、頭皮に悪くて抜け毛が増えていき薄毛になると思われています。

確かに汗をかいたまま放っておいたら、頭皮によくありませんが、汗をかく事は健康を維持するためには必要不可欠なものです。

暑い季節の夏や、風邪をひいてウイルスを撃退するために身体の防衛反応が働いて体温が上昇する時があります。

この時に体温を下げるために、人間は汗をかいていきます。
汗をかく事によって、人間の体温は36度前後を維持するように出来ており、健康を維持するために汗をかく事が悪くないと覚えておきましょう。

そして多くの方は、汗は毛穴から流れてくると考えていますが、汗は汗孔(かんこう)という場所から流れてくるものです。そのため汗が流れてきたら、すぐ毛穴に悪いという訳ではありません。

薄毛の原因!毛穴がつまってしまう?

薄毛の原因は、汗をかいているのをいつまでも放っておいて、毛穴に汗などが流れ落ちていく事が薄毛の原因となります。

毛穴に汗が落ちていけば、汗と一緒にホコリなど小さなゴミも一緒に毛穴に落ちていき、毛穴がつまるのです。

そのため毛穴がつまらないように、可能であれば適度にシャワーをあびて汗が毛穴に流れ落ちない対策をとる必要があるでしょう。

もしもシャワーを適度にあびる事ができないのであれば、頭皮に「制汗剤」となる「ミョウバン」などを塗布して様子を見るようにしましょう。

頭皮はデリケートな部分なので、頭皮にあわなかったら、すぐ辞めるようにして下さい。
制汗剤が合わない方は、髪を短くして汗が頭部に残りづらくしておけば、毛穴に汗が落ちていく事を防げるでしょう。

薄毛の原因!雑菌が発生してしまう?

頭皮は本来、雑菌などを防ぐために弱酸性ですが、汗が混じってしまえば弱酸性が弱アルカリ性になってしまいます。

弱アルカリ性になっていけば、雑菌などが発生しやくなっていき、毛穴に汗が落ちていけば、毛穴がつまりやすくなるのです。

頭皮に雑菌が発生すると、脂肪酸が分解されていき「ノネナール」と呼ばれている臭い成分に変化していきます。

もしも頭皮から臭い匂いが発生していたら、雑菌が頭皮に発生していると考えて間違いありません。
雑菌と言っても身体に良い「善玉菌」と、身体に悪い「悪玉菌」が存在するので、対策として悪玉菌だけを減らす必要があります。
アミノ酸シャンプーで頭皮を洗えば、頭皮の状態や皮脂のバランスが安定していいき、悪玉菌だけを減らす事が出来るのです。

参考 → おすすめノンシリコンシャンプー

薄毛になる原因!頭皮に炎症が発生?

毛穴がつまったりすれば、頭皮が炎症を起して、頭皮にかゆみを感じてしまいます。

ここまで来たら、頭皮には相当なダメージを受けているのですが、夏の季節には避けられない問題です。

もしも、かゆみを感じても、頭皮を手の指でかいたりしない事が重要になります。

もしも頭皮が炎症を起している時にかいてしまったら、頭皮はますます炎症していき薄毛になる原因となります。

毛穴がつまっても、汗は毛穴から出ている訳ではないので、次々に汗が頭皮全体に流れて行きます。
そして炎症を起している頭皮へほこりと一緒に汗が流れていく事になるのです。

対策としては、保湿成分や頭皮を活性化させる育毛剤ケアを使えば、夏の季節でも頭皮のかゆみを抑えてくれます。
後は寝る前に髪を念入りに洗って頭皮が炎症を起さないように汗を洗い落としましょう。

薄毛の原因と対策を覚える事が育毛に必要!

汗をかく事によって薄毛になる訳はなくて、汗をかいた状態を放置したら薄毛になる原因が分かってもらえたかと思います。

汗をかいたままにしておけば、頭皮の毛穴に汗が流れ落ちていき、毛穴がつまっていきます。

毛穴には汗と一緒にほこりも落ちていくので、毛穴がつまりやくなって、頭皮が炎症していく訳です。

毛穴から汗が流れて落ちてくると勘違いをしている方は、汗によって毛穴がつまるのは意外だったかもしれません。

汗をかいたままにしておけば、なぜ薄毛になるのか?
その原因を知る事によって、色々と対策を取る事ができます。そして対策を取っていけば、頭皮のダメージを和らげる事ができて、薄毛にならず育毛を促進する事が出来るでしょう。