7月, 2016の投稿

頭皮のにおいが気になる方は必見!頭皮のにおいを抑える方法

頭皮がにおう原因として、考えられるのは頭皮の皮脂の分泌量が増えていき、皮脂のくさいにおいで頭皮がにおっていくのです。頭皮の皮脂の分泌量が増えていくのは、食生活やストレスなど数多くの原因があります。どうすれば皮脂の分泌量を量を増やさずに、頭皮のにおいを抑えることが出来るのか?におってしまった後のケアまで詳しく紹介していきます。

食生活の改善で頭皮が健康な肌になれる?

頭皮の皮脂の分泌量が増える原因として、かたよった食事をしている場合があります。特に揚げ物や油成分の多い「唐揚げ」や「天ぷら」や、甘いものであるデザート、辛い物などを多く食べる方は、頭皮の皮脂の分泌量が多くなる傾向があります。頭皮の皮脂の分泌量を抑えるには、野菜や果物をバランスよく食べる事が重要です。皮脂の分泌量を抑える働きがあると言われている「ビタミンB郡」などが含まれている「緑黄色野菜」や「アボガド」さらには「豆腐」や「卵」を食べるようにしましょう。そして体内にある油質を排出するためには、食物繊維が豊富に含まれているのが「きのこ類」や「根葉類」になります。ここまで規則正しい食生活をするようになれば、頭皮の皮脂の分泌量を抑えることが出来るでしょう。

ストレスが原因で頭皮の分泌量が増加?

頭皮の皮脂の分泌量が、増える原因は食生活だけではありません。ストレスをためていけば、頭皮の皮脂の分泌量が増えていき、頭皮がにおってくるのです。しかし、現代社会はストレスを受ける事は避けられないので、ストレスを避けるのではなくて、ストレスをためないようにする事が必要になっていきます。ストレスを発散するために、平日でも自宅で趣味を楽しんだり、睡眠時間を多くとったりしてストレスをためないようにします。特に睡眠時間が重要で最低でも6時間以上とるようにして、寝る時間も22時〜24時までには寝るようにしましょう。22〜24時は肌のゴールデンタイムと呼ばれて、この時間帯に寝ていれば成長ホルモンが分泌されて、頭皮のにおいがおさえられるのです。

運動で成長ホルモンの分泌が増加!頭皮のにおいも緩和

運動をすることによって、血行のめぐりを良くして成長ホルモンンの分泌を増やす事ができます。さらに運動をする事によって、新陳代謝を高めて新しい皮膚が作られる事になるので、頭皮も健康になっていくのです。そして適度な運動であれば、ストレスも発散できるので、運動は頭皮のにおいケアに欠かせないものと言えるでしょう。しかし、唯一のデメリットとして、運動は汗をかきやすい事があげられます。汗をかいたままにしておくと、頭皮にとって良くないので、頭皮がにおってきます。そのため運動をした後は、できるだけ早くシャワーをあびるようにして、汗を洗い流す事が肝心です。そして外で運動をする時は紫外線対策をするようにして頭皮にダメージを与えないようにしないと、頭皮のにおいは抑えられないので、出来れば室内で運動したほうが良いでしょう。

頭皮のにおいが深刻にならない対策

規則正しい食生活を送って、ストレスもためていないのに頭皮がにおう方は多くいます。その原因として、帽子をかぶっている事が考えられます。帽子をかぶると汗が流れ落ちないので、頭皮に汗がたまっていき、頭皮にとってよくありません。その結果、頭皮がにおってくるので、できるだけ帽子はかぶらないようにしましょう。夏の季節は紫外線対策で帽子をかぶる方がいますが、そのような時は日傘を使って下さい。そして規則正しい食生活をおくれていなかったり、ストレスをためやすかったりする方は、月に1回美容院などでクレンジングをしてもらうと良いでしょう。頭皮の皮脂の分泌量が増えて、毛穴がつまったりしても、クレンジングをしてもらえば皮脂を取り除く事ができるからです。

頭皮のにおいケアは規則正しい生活が重要

頭皮のにおいケアをするためには、日頃から規則正しい食生活や睡眠をとる事が重要になっていきます。食事はビタミンB郡が含まれている食材を取り入れながら、バランスの取れた食生活が望ましいでしょう。さらに趣味を楽しんでストレスを発散して、頭皮の皮脂の分泌を抑える事も重要になっていきます。運動をする事によってストレスを発散しながら、血行をよくして成長ホルモンを分泌したり、日傘を使ったりして帽子をかぶらないようにするなど頭皮のにおいを緩和する方法はいくつでもあります。頭皮がにおうと悩んでいる方は、ご自身に合う頭皮のケアを行っていけば、夏の暑い季節でも頭皮がにおってくる事が防げます。そうすれば、頭皮のにおいに悩まされる事はありません。