パーマをかけると薄毛になるのは自分の美意識に問題アリな場合もある

パーマをかけると薄毛になってしまうのでは?と考える女性もいるものです。確かにパーマをかけることによって髪ダメージは多くなりますし、髪も痛みやすくなり、薄毛につながることはあるでしょう。

ですがパーマをかけたからと言って必ず薄毛になるとは限りません。薄毛にならないようにパーマをかけることも可能です。

パーマで薄毛になってしまうのは安いパーマをかけるから

パーマをかけたから薄毛になった、と感じるようなことがあれば、それは髪に負担がかかるパーマを使用しているからでしょう。パーマも髪を傷めるパーマを使用しているようなヘアサロンだと薄毛になってしまう可能性も高くなるので注意が必要です。デジタルパーマなど、髪に負担がかからずゆるやかに仕上がるパーマをかけることができるヘアサロンを利用するといいでしょう。

また、パーマをしてからのアフターケアにも力を入れているヘアサロンが良いです。安いパーマのコースだとパーマをかけただけで後のケアには力を入れず、仕上がりもいまいちになることもあります。パーマをかけるのであれば安いパーマではなく、ちゃんとトリートメントケアなどのアフターケアも含まれているパーマコースを選択するようにもしましょう。パーマ内容にこだわることも薄毛にならないようにするためには必要です。

パーマヘアを美しく維持するためのヘアケア製品にも注目を

パーマをかけるようになると、パーマヘアを美しく維持するためにヘアワックスやヘアスプレー、ヘアオイルなどのヘアケア製品をいくつか使用するようになります。こういったヘアケア製品はパーマヘアを美しく保つものでもありますが、同時に髪や頭皮にも刺激的で、薄毛につながることがあります。

ヘアケア製品は負担にならないものを

パーマをかけることによって斬新でおしゃれなヘアスタイルになることは多いですが、髪はパサツキや乾燥を感じることも多くなります。ですからパーマをかけた時は、ヘアケア製品なしでは髪がうまくセットできないことが多いでしょう。特に乾燥やパサツキのある髪は広がりやすくもなりますから、オイルなどでまとめることも必要になります。

ヘアケア製品はセットするためにも必要なものですから、薄毛対策の為に使わないというのではなく、刺激の少ないもの、頭皮に優しいものを使うようにするといいでしょう。

パーマのヘアスタイルばかりにしないようにする

パーマはイメージチェンジしたり、あか抜けたイメージにするのに最適なヘアスタイルですが、ずっとパーマヘアを維持しようとすると頭皮や髪への負担も大きくなります。特に薄毛が気になってくるようになると、その薄毛をカバーするためにパーマをかけてボリュームを出すようにすることが多くなります。パーマも繰り返し行うことで髪への負担もさらに大きくなりますから、たまにはストレートやショートヘアにしてパーマをしない期間というのも作ってみてもいいでしょう。

努力でボリューム感を出す

パーマが髪に与えるダメージが大きいと感じた時は、自分で髪を巻いたり、ヘアアクセをうまく使うことで髪のボリュームを出してみましょう。パーマ自体は薄毛の原因にはなっていなくても、繰り返すことで薄毛の原因になっていると感じた時は、パーマ回数を減らすことで薄毛対策をしてみましょう。

パーマをかけてるからOK!という意識に問題があることもある

ストレートヘアの場合は寝癖やはねている部分があると目立つので丁寧にヘアケアをすることも多いですが、パーマヘアの場合はパーマをかけていれば寝癖もちょっとした髪の乱れも気にならないことが多いので、それだけヘアスタイルにも無関心になりがちです。ストレートヘアであれば髪のツヤ、コシを意識することも多いのでトリートメント剤などにもこだわることがありますが、パーマヘアだとストレートよりも髪の美容にこだわらなくなることで、パーマを薄毛へとつながってしまうこともあります。

パーマをかけることによっておしゃれに見えたり、ヘアアレンジが楽になるのは良いですが、それによって丁寧なヘアケアがおざなりになってしまうことがあるので注意です。パーマをかけているからヘアケアは安心、というようにならないようにしましょう。そうした油断から薄毛になってしまうこともあります。

パーマをかけても髪の美容にこだわることは大事

髪のツヤ感やコシを楽しみたいなら、ストレートヘアが一番です。ですがストレートだとヘアアレンジが難しく、またボリュームも出ないので髪を遊ばせることが難しくもなります。ですからゆるやかさやおしゃれ感を出すためにパーマをかけることも多いですが、パーマに使用する薬剤、またパーマをかける時の熱で髪ダメージが大きくなってしまうこともあるので注意が必要です。

薄毛になりにくいパーマ選びから始めよう

年齢を重ねるとパーマをかけることで髪のボリューム感を出そうとすることも多いですが、そういった時も髪に優しいパーマを選ばなければ薄毛になってしまうこともあるものです。パーマも髪に優しく、髪ダメージを極力少なくできるものがありますから、パーマを利用する時は安さだけでなくそういった髪に優しいパーマを提供しているヘアサロンを選んでいくといいでしょう。