頭皮のにおいが気になる方は必見!頭皮のにおいを抑える方法

頭皮がにおう原因として、考えられるのは頭皮の皮脂の分泌量が増えていき、皮脂のくさいにおいで頭皮がにおっていくのです。頭皮の皮脂の分泌量が増えていくのは、食生活やストレスなど数多くの原因があります。どうすれば皮脂の分泌量を量を増やさずに、頭皮のにおいを抑えることが出来るのか?におってしまった後のケアまで詳しく紹介していきます。

食生活の改善で頭皮が健康な肌になれる?

頭皮の皮脂の分泌量が増える原因として、かたよった食事をしている場合があります。特に揚げ物や油成分の多い「唐揚げ」や「天ぷら」や、甘いものであるデザート、辛い物などを多く食べる方は、頭皮の皮脂の分泌量が多くなる傾向があります。頭皮の皮脂の分泌量を抑えるには、野菜や果物をバランスよく食べる事が重要です。皮脂の分泌量を抑える働きがあると言われている「ビタミンB郡」などが含まれている「緑黄色野菜」や「アボガド」さらには「豆腐」や「卵」を食べるようにしましょう。そして体内にある油質を排出するためには、食物繊維が豊富に含まれているのが「きのこ類」や「根葉類」になります。ここまで規則正しい食生活をするようになれば、頭皮の皮脂の分泌量を抑えることが出来るでしょう。

ストレスが原因で頭皮の分泌量が増加?

頭皮の皮脂の分泌量が、増える原因は食生活だけではありません。ストレスをためていけば、頭皮の皮脂の分泌量が増えていき、頭皮がにおってくるのです。しかし、現代社会はストレスを受ける事は避けられないので、ストレスを避けるのではなくて、ストレスをためないようにする事が必要になっていきます。ストレスを発散するために、平日でも自宅で趣味を楽しんだり、睡眠時間を多くとったりしてストレスをためないようにします。特に睡眠時間が重要で最低でも6時間以上とるようにして、寝る時間も22時〜24時までには寝るようにしましょう。22〜24時は肌のゴールデンタイムと呼ばれて、この時間帯に寝ていれば成長ホルモンが分泌されて、頭皮のにおいがおさえられるのです。

運動で成長ホルモンの分泌が増加!頭皮のにおいも緩和

運動をすることによって、血行のめぐりを良くして成長ホルモンンの分泌を増やす事ができます。さらに運動をする事によって、新陳代謝を高めて新しい皮膚が作られる事になるので、頭皮も健康になっていくのです。そして適度な運動であれば、ストレスも発散できるので、運動は頭皮のにおいケアに欠かせないものと言えるでしょう。しかし、唯一のデメリットとして、運動は汗をかきやすい事があげられます。汗をかいたままにしておくと、頭皮にとって良くないので、頭皮がにおってきます。そのため運動をした後は、できるだけ早くシャワーをあびるようにして、汗を洗い流す事が肝心です。そして外で運動をする時は紫外線対策をするようにして頭皮にダメージを与えないようにしないと、頭皮のにおいは抑えられないので、出来れば室内で運動したほうが良いでしょう。

頭皮のにおいが深刻にならない対策

規則正しい食生活を送って、ストレスもためていないのに頭皮がにおう方は多くいます。その原因として、帽子をかぶっている事が考えられます。帽子をかぶると汗が流れ落ちないので、頭皮に汗がたまっていき、頭皮にとってよくありません。その結果、頭皮がにおってくるので、できるだけ帽子はかぶらないようにしましょう。夏の季節は紫外線対策で帽子をかぶる方がいますが、そのような時は日傘を使って下さい。そして規則正しい食生活をおくれていなかったり、ストレスをためやすかったりする方は、月に1回美容院などでクレンジングをしてもらうと良いでしょう。頭皮の皮脂の分泌量が増えて、毛穴がつまったりしても、クレンジングをしてもらえば皮脂を取り除く事ができるからです。

頭皮のにおいケアは規則正しい生活が重要

頭皮のにおいケアをするためには、日頃から規則正しい食生活や睡眠をとる事が重要になっていきます。食事はビタミンB郡が含まれている食材を取り入れながら、バランスの取れた食生活が望ましいでしょう。さらに趣味を楽しんでストレスを発散して、頭皮の皮脂の分泌を抑える事も重要になっていきます。運動をする事によってストレスを発散しながら、血行をよくして成長ホルモンを分泌したり、日傘を使ったりして帽子をかぶらないようにするなど頭皮のにおいを緩和する方法はいくつでもあります。頭皮がにおうと悩んでいる方は、ご自身に合う頭皮のケアを行っていけば、夏の暑い季節でも頭皮がにおってくる事が防げます。そうすれば、頭皮のにおいに悩まされる事はありません。

女性とはいえ抜けるのです。髪の毛と上手く付き合っていく為に心掛けたい事

薄毛というと、中年男性のイメージがありますが、実は女性でも隠れ薄毛に悩んでいる人がいるのです。
男性と違い露骨にハゲないだけに、遺伝的な事よりも自分自身のホルモンバランスに問題があると思うのです。
どんな原因が隠れているかを考えてみましょう。

毎日髪を引っ詰めるのはやめましょう

バレリーナーの様に、髪を引っ詰めてまとめている方がいますよね。スッキリしてとても素敵なのですが、実は習慣づくといけないのです。
髪の毛とはいえ生きていますから、人間と同じで引っ張られたら、そちらに動いていくのです。
無理な体勢をずっと強要されたら、人間だって寝違えりや捻挫をしますよね。

特に生え際に関しては、前髪を無理に引っ詰めているとどんどん上に上がっていきます。
これは年に関係なく小さい女の子でも、あれ?生え際どこ?って子がいます。

髪も開放して、リラックスしてあげる事が大切なのです。
バサバサするのが嫌であれば、後ろで軽くまとめる等、ヘアスタイルのチェンジは考えましょう。
気がついたらおでこがめちゃくちゃ広くなっていたという、いらないミラクルにならない様に気をつけましょう。

シャンプー2度洗いは本当に必要な時だけにしましょう

地肌の油汚れが気になり、毎日洗髪時2度洗いされる方がいます。
地肌がサッパリして、その後トリートメントをきちんとすれば良いと思うのでしょうが、髪にも程良い油分は必要です。
地肌が乾燥して、頭頂部の分け目がかなり広がってしまい、薄毛が目立っているなんて人がいます。

シャンプーをする前に、まずお湯で軽く3分程髪をゆすぎます。優しくこすりゆすぐだけで、実はかなり汚れ、埃は落ちていくのです。
あとは軽くマッサージする様にシャンプーをして、トリートメントは毛さき中心にしてあげるだけで充分なのです。

ゴシゴシとすればする程、もちろん髪の毛は抜けますし、パサパサしてくる事で、頭頂部以外の髪の毛も切れたり、抜けたりしてきます。
顔を洗う時と同じ様に、優しく指先でふんわりと洗ってあげましょう。

カラーリングは後々きます。3ヶ月は開けましょう。

若い時に、髪の毛の色を遊ぶのをお洒落でたまには良いと思います。しかし何でもやりすぎは良くありません。

運動だってしすぎると、翌日の筋肉痛がすごいでしょ?
あれと同じと考えて下さい。

髪の毛も生きていますから、無理な事を与える事で必ず後々問題が生じます。
それが薄毛の原因になる方も多く、髪自体を変えてしまい、弱く切れやすいスカスカの痩せ細った髪になってしまうのです。

月に一回のペースでと、考えている方が割といるのですが、3ヶ月は休ませてあげましょう。
カラーリング薬剤も今は色んな種類が出て、その後のトリートメントも充実していますが、髪の毛に対して無理をさせている事に変わりません。

あなた自身の事を考えると共に、髪の毛の事を考えてあげて下さい。

大豆、海藻類をどんどん食べ女性ホルモンを助けましょう

これは知っている方が多いと思いますが、髪の毛は99%はタンパク質から出来ています。
ですからタンパク質を意識的に摂る事はもちろん大切です。しかしお肉、お魚、乳製品はカロリーが高いので摂り過ぎは気になりますね。

そこでやはりメジャーなのが海藻類です。ミネラルがいっぱい詰まった海藻類は沢山摂っても悪いことはありません。
また女性ホルモンに何と言っても効果がある、大豆イソフラボンを多く含む、納豆や豆腐を毎日食べるのも、薄毛の女性には女性にホルモン減少をストップするのを手助けしてくれます。

同時に緑黄色野菜、青魚にもビタミンが多く含まれ、髪には良い食べ物でありますので、バランス良く毎食に摂り入れていけると効果が出ます。
続ける事が効果に繋がりますので、習慣づける事を心掛けましょう。

ストレスを溜めすぎず、規則正しい生活習慣を

髪の毛と心が繋がっている事を知っていますか?
嫌な事があり、泣いたり怒ったりばかりいた人があれ?何やら頭に丸いハゲがなんて話を聞いた事があるでしょう?

円形脱毛症の様に実は深い繋がりがあるのです。
逆に心に余裕があり、生活も充実している女の子の髪の毛はとても綺麗に見える事があります。不思議ですよね。

心に余裕があるという事は、睡眠もしっかり取れて、生活リズムが安定しているという事です。
成長は睡眠中に起こります。夜の10時から朝の2時までの間は、睡眠の状態である事が良いとされています。

毎日しっかり夕食を取り、同じ時間に寝る習慣をつける様にしましょう。
規則正しい生活、ストレスを溜め込まない心の余裕が大切なのです。

この5つの事を頭に入れ実行する事で、髪の毛はぐんと今より生まれ変わります。

あなたと髪の毛はシェアして暮らしているのですから、上手く関係を築きながら生活できる様に、髪の毛の事を沢山考えてくださいね。
こちらが大切にしてあげたら、髪の毛も必ずあなたの気持ちに応えてくれますよ。

発毛促進セルフマッサージで発毛をもっと身近なものに

抜け毛や薄毛が気になり出すと、発毛促進にも興味が出てきます。ですがクリニックに通ったり育毛剤を使うとなると多くの費用がかかってしまうことも多いので、まずは自分でなんとかできる方法はないか考える人も多いのではないでしょうか。

発毛促進も、発毛促進マッサージを行うことで良い発毛につながることがあるので、自分で簡単にできる発毛促進セルフマッサージを行ってみるといいでしょう。

シャンプーマッサージで発毛促進!

顔のメイクと違い、薄毛を気にかける時と言うのは朝の髪の手入れ時だったり、バスタイムのシャンプー時だけだという人も多いでしょう。ですから薄毛がまだ広がっている状態でなければ、日中はあまり薄毛を気にしないということもあるでしょう。ですから発毛促進セルフマッサージをするなら、シャンプー時が最適です。シャンプー液は頭皮の刺激にならないものを選ぶ他、シャンプーするときは爪を立てずに洗うように心がけましょう。

頭皮を揉むようにシャンプーすれば、頭皮の血流促進にもつながって発毛促進にもなります。また、ネイルなどの関係で爪が伸びている時はネットを使ってシャンプーするのも良いです。伸びた爪の中には菌がとても多く含まれていますから、爪の菌で頭皮を汚さないようにするためにも、衛生の意味でも爪はカットするかネットをしたほうが良いでしょう。

爪をきにかけてシャンプーすることも発毛促進のためになります。

髪留めや整髪剤いらずのヘアで発毛促進

おしゃれな髪型にするために整髪剤や髪留めを使う人も多いですが、髪にいろいろつけたり、留めたりすることで毛根が引っ張られたりすることもあるので、薄毛が気になる時や発毛促進したい時は避けたほうがいいでしょう。できるだけナチュラルに、そのままの状態で楽しめるようなヘアスタイルを実現させるといいでしょう。髪や頭皮に余計な負担をかけないことが発毛促進セルフマッサージにもなります。

整髪剤は頭皮につかないように

もし整髪剤や髪留めを使用するような時は、頭皮に接触しないようにしましょう。整髪剤が頭皮につかないように毛先だけにつけたり、髪留めもピンなどの尖ったものではなくシュシュなどの布製のものを選ぶといいでしょう。頭皮への刺激が少ない分発毛促進になりますし、良い状態を維持できるでしょう。

運動の習慣を取りいれるのも効果的

発毛促進セルフマッサージとして、運動の習慣を取り入れるのも効果的です。運動して汗を掻くことによって頭皮が蒸れますし、長時間放置すれば不衛生にもなりますから、汗を掻くことは一見発毛促進にはあまり良くないことだとも思えますが、汗を掻くことで体の新陳代謝を良くすることができますから、その効果で発毛促進につながることがあります。

寒い冬に限らず、暑い夏も一日中エアコンの効いた部屋にいることが多く、汗をまったく掻かないで生活していくことは多いものです。自分で意識して汗を掻く習慣を身につけることで、体質改善することができ、発毛促進にもなるでしょう。発毛促進セルフマッサージとして、頭皮の汗を掻けるような運動、入浴を心がけましょう。運動の機会がない人は自宅の階段の上り下りで汗を掻くようにしてもいいでしょう。

掻くより揉む・叩いて解決する!

発毛促進がなかなかうまくいかないのは、頭皮の状態が荒れているから、といった理由があります。赤いぶつぶつがあったり、それを掻いたひっかき傷があれば発毛促進もなかなかうまくいかないことが多いです。特にひっかいた後からは雑菌なども入りやすく、不健康な頭皮になってしまいがちです。ですから頭皮の状態が悪くかゆみを感じるような時は掻くより叩いたり、揉んだりすることで解決するようにしましょう。

揉むことは血流促進・マッサージにもなりますし、発毛促進セルフマッサージとしても良いです。頭皮のかゆみに対して掻いたりすると、その努力も無駄になってしまうのでできるだけ揉んで解決するようにしましょう。まめに揉むことでクセになり、自然にできる育毛促進セルフマッサージにすることができます。薬などを塗る時も揉むことを意識して行うと良いです。

道具を使った発毛促進セルフマッサージも

発毛促進セルフマッサージは自分の手で行うものばかりでなく、道具を使って行うのも良いです。自分の手で揉むにも力加減が分からず強くなったりすることがありますし、道具を使えばいつも同じ力を頭皮に加えることができます。ツボ押ししながらシャンプーできるグッズなどを探してみるのも良いでしょう。また、頭皮に適度な爽快感と刺激を与えることができる炭酸シャンプーを使うのも最適です。

そして発毛促進セルフマッサージがうまくいかないと感じるのであれば、動画サイトなどでシャンプーの仕方やツボ押しの仕方、上手な頭皮マッサージの仕方などを見てみるといいでしょう。プロが動画を挙げてくれているのであればとても参考になりますし、自分の頭皮マッサージ上達にもつながります。良いサービスをすることで自分の知識・腕も上達しますので、情報探しをしてみるのも役立つでしょう。

知っていて損はない!髪を太く丈夫にする食べ物

太くて丈夫でキレイな髪って、女性の憧れですよね。できるなら、若いころのハリのある健康的な髪を保ち続けたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、日頃からどんなものを意識して食べれば、髪を太く丈夫にできるのかについてご紹介することにしましょう。 

女性ホルモンに似た成分、イソフラボンの摂取がカギ!

女性ホルモンと髪は深いつながりがあります。
実は、女性ホルモンは髪を太く丈夫にするのに、欠かせない成分なのです。

女性ホルモンが減ってくれば、髪にも影響が出てきてしまい、残念なことに、髪のコシやハリやボリュームなどがなくなってしまうのです。

そんな女性ホルモンに似た成分ということで注目されているのが、イソフラボンというものであり、このイソフラボンは大豆などに多く含まれています。

また、今話題の「エクエル」というサプリメントがありますが、これも大豆を乳酸菌で発酵させてつくられたもので、大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た作用をすることで、女性特有の更年期障害や肌の衰え、ドライアイ、不眠症などにも効果があるといわれているものです。

これらのことから、大豆、とうふ、豆乳など、毎日積極的に大豆製品を取ることが髪を太く丈夫にするのに効果的でしょう。

毎日取りたい!髪に必要な良質タンパク質

髪の約90%以上はケラチンというタンパク質でできています。
髪の補修剤などの商品で、ケラチンという言葉はよくでてきますのでご存知の方も多いかもしれません。

そのケラチンを構成するメチオニンは必須アミノ酸といって、体の中では作れないので、食事によりタンパク質を取らないと髪の原料はどんどん不足していくことになります。
では、髪にとって必要な良質のタンパク質を多く含むものを挙げていきましょう。

たまご

豊富で良質のタンパク質を手軽に取ることができます。
調理法も、目玉焼き、スクランブルエッグ、ゆで卵など簡単にできるものばかりですので、毎日取ることも可能です。

鶏肉のささみ

鶏肉は一見ヘルシーな食べ物に思われていますが、実はモモ肉などの皮の部分はかなりの高カロリーで、体重や健康を気にしている方にはオススメできません。

そこで、鶏肉でもささみを選ぶことによって、低脂肪、低カロリーになり、且つ良質なタンパク質やビタミンを豊富に取ることができます。

ささみを軽く茹でて火を通した後、手で大きめにちぎり、ざっくり切ったレタスなどに載せドレッシングを掛ければ、高たんぱくで低カロリーの簡単ヘルシーサラダになります。
髪にも健康にもいいので毎朝食べたるようにしたいですね。

積極的に取りたい!ビタミン類

ビタミン類は他の栄養素がうまく働くための潤滑油のような存在で、太く丈夫な髪を作るために大切なものです。
ビタミン類は基本的に体内で作れないので、食事でしっかり取る必要があります。

ビタミンE

ビタミンEは、脂溶性ビタミンの一つです。
血管を酸化から守り血行を良くする働きもあるので、太く丈夫な髪を作るための栄養の運搬をスムーズにします。主に野菜や果物、魚介類に多く含まれています。

ビタミンB2

爪や皮膚、髪などの体細胞の再生に深く関わっていて、髪が伸びるために必要なものです。
身体には蓄積できないビタミンなので毎日摂取する必要があります。
主にキノコ類や果物などに多く含まれています。

ビタミンA

皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きがあり、頭皮の新陳代謝を促進させ、あわせて免疫力を高める働きもあります。
主に、緑黄色野菜の人参やかぼちゃに多く含まれています。

髪のためになくてはならない!重要なミネラル

ビタミン同様ミネラルも自分の体内で作りだすことができないため、食べ物から補うしかありません。
摂取量が不足するといろいろな欠乏症が起きてしまうので、食事で毎日取ることが大切です。

亜鉛

亜鉛はたんぱく質を髪や筋肉、骨などに変える働きがあるので、抜け毛対策にとっても重要な栄養素といわれています。主に牡蠣などに多く含まれています。

カルシウム

カルシウムが不足すると脳の神経細胞の働きが悪くなり、髪の生成がスムーズにいかなくなってしまいます。主に牛乳やチーズ、小魚などに多く含まれています。

マグネシウム

マグネシウムはミネラルの王様と呼ばれており、エネルギー代謝や体温の調整など、体内で多くの酵素反応に関わる重要なミネラルで髪の老化を防ぎます。
主にわかめなどの海藻類や、硬水のミネラルウォーターに多く含まれています。

鉄分

鉄分を摂取すると血行が良くなるので、髪にも栄養が行き届きます。
不足すると貧血になってしまいます。
主に豚レバーやひじきなどに多く含まれています。
 

まとめ

今回は知っていて損はない!髪を太く丈夫にする食べ物について、ご紹介してまいりました。

日頃のパーマやヘアカラーなどで、どうしても髪にハリやコシがなくなり、細くなったり痛んだりしがちです。どんな高価なシャンプーやトリートメントを使っていても、それは表面的に髪に膜を作りキレイに見せているだけなのかもしれません。

本当の髪の美しさとは、身体の内部から食べ物によって作り上げていくものなのです。
身体の内部から変えていけば、今よりももっと髪を太く丈夫に健康にすることができるでしょう。

今回ご紹介してきた食べ物についてですが、同じのもばかり取るというのではなく、
全体的にバランスよく取っていくということが、太く丈夫な髪にするために重要なことです。

髪を太く丈夫にするには食べ物の力を無視しない!

髪が美しく健康的な人は、髪に艶があり、コシも感じられるものです。こうした健康的な髪になるにはシャンプーやコンディショナー、トリートメントにこだわる必要もありますが、食べ物にこだわる事も必要になってきます。

そして艶やコシ同様に大事にしていかなければいけないのが髪の太さ・弾力です。髪が細く弱々しくなっている人は、髪を太くするための食べ物を見つけていくといいでしょう。

髪を丈夫にするには頭皮を丈夫にする食べ物を

丈夫な髪というのは切れにくく、抜けにくくもあるものです。こうした丈夫な髪を作るには、まず頭皮を丈夫にする食べ物に注目する必要があります。健康で丈夫な美しい髪は健康な頭皮からつくられ、健康的な頭皮は健康的な食事から作られるものですから、頭皮が健康的になれる食べ物をチェックしてみましょう。

頭皮を丈夫にできる食べ物は、肌を丈夫にできる食べ物です。頭皮も体の皮膚も同じ一枚の皮でできていますから、ビタミンCやアミノ酸といった成分が含まれている食べ物をチェックしてみましょう。ビタミンCは柑橘類に多く含まれますし、アミノ酸は肉や豆製品に多く含まれます。美肌の為に食べると良い食べ物は頭皮にも良く、丈夫な髪を作るにも良い食べ物となってくるので、肌に良い食べ物は積極的に摂取するようにしましょう。

髪を太く丈夫にするにはたんぱく質の力を活用する

髪を太く丈夫にするには、たんぱく質が豊富な食べ物を摂取していくといいでしょう。シャンプーなどにも含まれることが多いアミノ酸もたんぱく質になるものですから、たんぱく質が足りないということが髪を弱くしてしまっている原因になってしまうこともあります。ですから髪を太く丈夫にしたいならたんぱく質が含まれている食べ物を見つけてみましょう。
 

大豆製品がおすすめ

たんぱく質が含まれている食べ物は肉や卵などもありますが、これらは摂取量が多くなるとコレステロールが溜まったり、体調不良につながったりすることもあります。ですから植物から取れるたんぱく質でもある豆腐や豆乳などの大豆製品を多く食べるようにするといいでしょう。大豆製品は加工品も多いので、飽きることなく食べるにも最適です。

血流を良くするにんにくで髪も太く丈夫に

太く丈夫な髪にするには、髪の先まで栄養成分を届けることが大事です。せっかく栄養のある食べ物を摂取しても髪に届かなかったり、頭皮にまで栄養が行き届かないようでは困ります。頭皮や髪にまでしっかり栄養を届けるには、体の新陳代謝を良くしたり、血流を良くすることが必要です。ですから血流促進効果のあるにんにくや、体をあたためる効果のある生姜を食べていくといいでしょう。

髪を太く丈夫にするには毛根だけでなく、髪そのものにも栄養をしっかりと与える必要が出てきます。美容成分入りのシャンプーの使用だけでなく、食べ物で髪に栄養を与えることも大事です。
むしろ市販のシャンプーには界面活性剤等の良くない成分も含まれていることも多いので、湯シャンという方法もアリかもしれません。
参考:湯シャンのやり方

美味しく食べられる料理法を見つける

にんにくや生姜は丈夫な髪を作るのに良いものですが、そのまま食べることは少なく、料理に加えたり調味料として使う事が多い食べ物でもあります。ですから美味しく食べられる料理法をいくつか見つけることで日常的に食べられるようにしておくと良いでしょう。体をあたためる効果のある食べ物は抜け毛予防にもなります。

海藻のパワーで丈夫で太い髪を作る

髪に良い食べ物として昔から取りあげられることが多いのが海藻類です。わかめや昆布などの海藻類は育毛にも効果があるとして、育毛剤に成分が配合されることも多いです。わかめや昆布などの海藻類はそれ自体に髪を強くする成分があるわけではないですが、食物繊維が豊富でミネラルもたくさん含まれているので、腸の働きが活発になったり美肌効果を得る事ができるので、体質改善になるという意味で髪にも良い効果を感じることができるでしょう。

食物繊維が豊富に含まれていることで毎日のお通じも良くなりますし、デトックス効果を得ることができます。腸内環境が悪いと老廃物が排出できないことで肌荒れ、イライラにつながります。髪が不健康な状態になるには体調不良からのストレスも大きいので、こうした状態になるのを防ぐのにも海藻類は効果的だといっても良いでしょう。

太く丈夫な髪を守るには栄養に気を配ることが大事

髪も健康でなければ丈夫で太くはなりません。頭皮を土で、髪を植物に例えるとわかりやすいですが、栄養のない土に育つ植物は弱々しく、すぐに枯れて折れてしまうことも多いものです。また、色も薄く見た目から元気のない植物になってしまうこともほとんどでしょう。髪も同じように栄養のない頭皮からは丈夫な髪は育ちませんから、丈夫で太い髪にしたいなら栄養にもこだわりましょう。

食べ物の栄養にこだわることも大事ですが、その栄養がちゃんと髪にも行き届くようにすることが大事です。体の代謝が悪ければいくら栄養を取っても栄養が髪には行き届かないようなこともあるので、体の代謝を良くする食べ物にも注目して髪改善を行っていくといいでしょう。

パーマをかけると薄毛になるのは自分の美意識に問題アリな場合もある

パーマをかけると薄毛になってしまうのでは?と考える女性もいるものです。確かにパーマをかけることによって髪ダメージは多くなりますし、髪も痛みやすくなり、薄毛につながることはあるでしょう。

ですがパーマをかけたからと言って必ず薄毛になるとは限りません。薄毛にならないようにパーマをかけることも可能です。

パーマで薄毛になってしまうのは安いパーマをかけるから

パーマをかけたから薄毛になった、と感じるようなことがあれば、それは髪に負担がかかるパーマを使用しているからでしょう。パーマも髪を傷めるパーマを使用しているようなヘアサロンだと薄毛になってしまう可能性も高くなるので注意が必要です。デジタルパーマなど、髪に負担がかからずゆるやかに仕上がるパーマをかけることができるヘアサロンを利用するといいでしょう。

また、パーマをしてからのアフターケアにも力を入れているヘアサロンが良いです。安いパーマのコースだとパーマをかけただけで後のケアには力を入れず、仕上がりもいまいちになることもあります。パーマをかけるのであれば安いパーマではなく、ちゃんとトリートメントケアなどのアフターケアも含まれているパーマコースを選択するようにもしましょう。パーマ内容にこだわることも薄毛にならないようにするためには必要です。

パーマヘアを美しく維持するためのヘアケア製品にも注目を

パーマをかけるようになると、パーマヘアを美しく維持するためにヘアワックスやヘアスプレー、ヘアオイルなどのヘアケア製品をいくつか使用するようになります。こういったヘアケア製品はパーマヘアを美しく保つものでもありますが、同時に髪や頭皮にも刺激的で、薄毛につながることがあります。

ヘアケア製品は負担にならないものを

パーマをかけることによって斬新でおしゃれなヘアスタイルになることは多いですが、髪はパサツキや乾燥を感じることも多くなります。ですからパーマをかけた時は、ヘアケア製品なしでは髪がうまくセットできないことが多いでしょう。特に乾燥やパサツキのある髪は広がりやすくもなりますから、オイルなどでまとめることも必要になります。

ヘアケア製品はセットするためにも必要なものですから、薄毛対策の為に使わないというのではなく、刺激の少ないもの、頭皮に優しいものを使うようにするといいでしょう。

パーマのヘアスタイルばかりにしないようにする

パーマはイメージチェンジしたり、あか抜けたイメージにするのに最適なヘアスタイルですが、ずっとパーマヘアを維持しようとすると頭皮や髪への負担も大きくなります。特に薄毛が気になってくるようになると、その薄毛をカバーするためにパーマをかけてボリュームを出すようにすることが多くなります。パーマも繰り返し行うことで髪への負担もさらに大きくなりますから、たまにはストレートやショートヘアにしてパーマをしない期間というのも作ってみてもいいでしょう。

努力でボリューム感を出す

パーマが髪に与えるダメージが大きいと感じた時は、自分で髪を巻いたり、ヘアアクセをうまく使うことで髪のボリュームを出してみましょう。パーマ自体は薄毛の原因にはなっていなくても、繰り返すことで薄毛の原因になっていると感じた時は、パーマ回数を減らすことで薄毛対策をしてみましょう。

パーマをかけてるからOK!という意識に問題があることもある

ストレートヘアの場合は寝癖やはねている部分があると目立つので丁寧にヘアケアをすることも多いですが、パーマヘアの場合はパーマをかけていれば寝癖もちょっとした髪の乱れも気にならないことが多いので、それだけヘアスタイルにも無関心になりがちです。ストレートヘアであれば髪のツヤ、コシを意識することも多いのでトリートメント剤などにもこだわることがありますが、パーマヘアだとストレートよりも髪の美容にこだわらなくなることで、パーマを薄毛へとつながってしまうこともあります。

パーマをかけることによっておしゃれに見えたり、ヘアアレンジが楽になるのは良いですが、それによって丁寧なヘアケアがおざなりになってしまうことがあるので注意です。パーマをかけているからヘアケアは安心、というようにならないようにしましょう。そうした油断から薄毛になってしまうこともあります。

パーマをかけても髪の美容にこだわることは大事

髪のツヤ感やコシを楽しみたいなら、ストレートヘアが一番です。ですがストレートだとヘアアレンジが難しく、またボリュームも出ないので髪を遊ばせることが難しくもなります。ですからゆるやかさやおしゃれ感を出すためにパーマをかけることも多いですが、パーマに使用する薬剤、またパーマをかける時の熱で髪ダメージが大きくなってしまうこともあるので注意が必要です。

薄毛になりにくいパーマ選びから始めよう

年齢を重ねるとパーマをかけることで髪のボリューム感を出そうとすることも多いですが、そういった時も髪に優しいパーマを選ばなければ薄毛になってしまうこともあるものです。パーマも髪に優しく、髪ダメージを極力少なくできるものがありますから、パーマを利用する時は安さだけでなくそういった髪に優しいパーマを提供しているヘアサロンを選んでいくといいでしょう。

育毛に年齢は関係なし!薄毛の心配がさらなる負のスパイラルを生まない為に

育毛、というと高齢の人が悩む症状ではないかと思う人もいるでしょう。もしくは、遺伝的なものが影響して薄毛や抜け毛になっているので、自分には関係のないことだと思っている人もいるでしょう。ですが育毛がうまくいかないのはストレスが関係していることもあります。

ストレスは年齢関係なく、また性別も関係なく誰でも感じるものです。ですから育毛を意識するようになったら、ストレス改善も心がけましょう。

育毛対策するならストレスにならない食事を!

育毛するには、まずは育毛に良い食事をすることも大事です。育毛に良い食事と言えば海藻類や高タンパクの食品など、髪に良い食べ物を思い浮かべる人がほとんどでしょう。

ですが育毛となると、生えてきた髪を丈夫にし、抜けにくくコシのある髪にもしなければなりません。そのためには髪の土壌となる頭皮はもちろん、髪そのものも強くする食べ物に注目しなければなりません。

頭皮や髪を健康で丈夫にする食べ物を口にしたいのなら、血流を良くする食べ物をチェックしなければなりません。

いくら髪に良い食べ物を食べても頭皮の血流が悪ければ毛根はもちろん、毛先にまで栄養が行きませんから、血液をサラサラにするトマトのリコピンや、魚のDHAなども摂取するといいでしょう。

ストレスにならない食事を

そして、いくら育毛に良い食べ物でも嫌いなものであれば、食べることがストレスになってしまうので避けましょう。育毛に良くても苦手であれば無理に食べず、ストレスにならない食べ物で代用しましょう。

育毛に影響するストレスは身近にある

ストレスで抜け毛になってしまったり、円形脱毛症になってしまうことも少なくありません。ですからストレスは育毛の敵と言っても良いですが、育毛に影響するストレスというのは身近な生活でとてもたくさんあります。

自分では好きなことをやっていて、好きに行動しているつもりでも待ち時間でイライラしてしまったり、自分と関係ない話題でも、誰かか喧嘩をしている会話を聞くことで精神的にストレスを感じることもあるでしょう。

ストレスとはこうした小さな積み重ねが大きくなって、育毛などに影響してくることもあるので、意識して発散させていくことが大事です。嫌な思いをしたら何か小さな幸せで解消させる、という行動も必要です。

ストレスになりそうなことは自分から遠ざける

ストレスで髪が抜けたり育毛がうまくいかなくなった時は、改善のためにストレスになりそうなことからは身を引く、遠ざけるということも大事です。

満員電車がストレスならもっと早く勤務する、苦手な人がいるならできるだけ避けるようにするなど、ストレス回避法を考えましょう。

育毛とストレスのつながりはどの年齢も同じ

ストレスというのは誰でも感じるものです。ストレスに強い人、そうでない人はいるものの、まったくストレスを感じない人というのはいないでしょう。

どの年齢の人も、また性別は違ってもストレスをまったく感じないということはないものです。ですからストレスによる育毛の影響は、いくつになっても心配していなければなりません。若いから大丈夫というものでもないので、若い人でもストレスによる育毛への影響には気を付けたほうが良いでしょう。

年齢を重ねたほうがストレスに強くなることも

ストレスはどの年齢でも感じるものですが、若いころに悩み負担になったことが、歳を取るごとに気にならなくなるということはあります。

それは歳を取ることによって知識と経験が増えるからです。歳を重ねることで小さなことは流せるようになったり、以前悩んだことは悩まなくもなるものです。

ですからストレスによる育毛影響は、年齢を重ねたほうが少なくなることもあるでしょう。

育毛を意識するなら髪ストレスを感じないおしゃれを

育毛を意識するなら、精神的なストレスだけでなく髪へのストレスも与えないようにしなければなりません。

髪へのストレスになってしまうのはヘアワックスなどの整髪剤他、ヘアカラーなどの髪の色を変える製品です。特にヘアカラーは安く簡単に染められるものほど頭皮や髪へのダメージも大きいです。

髪色を変えるのが好きな人は何回も使ってしまうことが多いですが、そのたびに髪や頭皮はストレスを感じてしまうことになります。

髪ストレスを与えないためにも、ヘアカラーは髪に優しいオーガニックカラーなどを選びましょう。

髪ストレスのないおしゃれは育毛にも効果的

髪ストレスのないおしゃれ、ヘアアレンジは育毛にも効果的です。髪や頭皮を傷つけることがありませんから、健康な髪状態を維持できることになります。髪や頭皮を傷つけることがないシュシュなどのヘアアクセや、帽子などでカラーしなくてもおしゃれになれる方法を見つけましょう。

育毛ケアは髪を大事にしたい時から始めよう

育毛ケアは、いくつになったから始めなければいけないというものでもなく、髪の量や質にこだわりが出てきた時、髪の量が少なくなってきたと感じた時が始め時でもあります。また、ストレスは年齢関係なく感じるものですから、ストレスによる育毛影響が出る前に、育毛ケアは行っていく必要があります。

ストレスによる抜け毛などは鬱に発展することによってさらに酷くなることもありますから、まめにストレス解消していくことは大事です。好きなものを食べる、ちょっとしたご褒美を自分にあげるだけでもストレス解消にはなるので、楽しみを見つけていくことを忘れないようにすることが大切です。また、ポジティブな気持ちを持つことが育毛ケアにもなります。

20代でも薄毛が気になる!そんな女性がチェックするべきこと

豊かでつややかな髪は、女性なら誰でも憧れます。
「髪は女性の命」と言われるほど、美しさを左右するからです。

しかし40歳すぎくらいから、豊かでつややかどころか、薄毛になってしまうことがあります。
抜け毛の本数がいやに多かったり、どんなにセットしても髪のすき間から地肌が見えたり。

もし薄毛が気になり始めたら、何をすれば良いのでしょうか。

早ければ20代から?!薄毛に悩む女性が増えています

化粧品の進化やエステサロンの普及、
女性の美に対する意識の高まりによって、美容法は発展する一方です。

40歳をすぎても美肌だったり、50歳代なのにシワひとつなかったり。
全く年齢を感じさせない、若々しい女性が増えているのです。

ところが最近、薄毛に悩む女性はむしろ増えていると言われています。

女性の薄毛といえば50代前後の悩みと思われていたのですが、
早い人では20歳代から、抜け毛の多さや髪の薄さに気がついているのです。

抜け毛は一日あたり50本から100本、多い人では200本以上抜けても問題ありません。

シャンプーやブラッシングで髪の毛が抜けていくのは、身体の自然なしくみ。
抜ける本数も個人差が大きく、ほとんどの抜け毛は心配ない範囲だからです。

でも、髪が抜ける時の感触がいつもと違う。
一度にこんなにたくさん抜けているのを見たことがない。

「抜け毛のようすがいつもと違う」に気がついたら、育毛対策をスタートしましょう。

薄毛が気になったら「女性用育毛剤」をチェック

薄毛が気になったら、チェックしたいのが「女性用育毛剤」です。

化粧品メーカーが美容効果を競いあっているのと同じで、
育毛剤メーカー各社でも、育毛効果の高い素晴らしい商品が出揃っています。

とくに人気が高いのは「マイナチュレ」。
3種の育毛有効成分、27種の天然植物由来成分、10種のアミノ酸など、
髪に良い成分がたっぷりと配合されています。

他にも「ベルタ育毛剤」「花蘭咲(からんさ)」「デルメットヘアエッセンス」など、
人気商品がたくさんあり、それぞれに高い育毛機能を誇っています。

抜け毛や薄毛の原因は人それぞれなので、
自分の体質にふさわしい育毛剤なら、どんな商品を購入しても良いのですが、

何を買うときでも気をつけたいのが、「女性用の育毛剤を買うこと」。

育毛剤にはかならず「男性用」「女性用」と書かれています。

これは、男性と女性では脱毛の原因が異なり、
育毛剤に配合されている成分も違っているからです。

もし、女性がまちがって男性用の育毛剤を使った場合、
商品によっては女性に有害な成分が含まれていることがあります。

育毛剤を選ぶ時は、自分の髪質や体質に合っていることも大切ですが、
「女性用育毛剤を選ぶ」という、基本中の基本を忘れないようにしてください。

育毛剤をつけても髪が伸びない!効いていないの?

何日か育毛剤を頭皮につけてみて、
「髪が伸びていない気がする。育毛剤が効いてないんだわ」
と思ってしまうのは、気が早すぎです。

育毛剤は、ドリンク剤か何かのように「今日使ったら、今日効いた!」となるものではありません。

漢方薬のように、毎日コツコツ使い続けて、
ある日気がついたら「効果が出ている!嬉しい!」となる感じです。

まずは1ヶ月、できれば数ヶ月くらい様子を見るつもりで、気長にゆっくりと続けてみてください。

それでも効かない気がするという場合、
自分の抜け毛の原因と、育毛剤の機能が合っていないのかもしれません。

抜け毛の原因は個人によって大きく違い、
加齢やストレス、喫煙、食生活など、全部で10種類以上あると言われています。

たとえば喫煙が抜け毛の原因だったとき、
喫煙を続けながら育毛剤をつけていたのでは、抜け毛を解消しにくくなります。

喫煙という抜け毛の原因ががんばっている頭皮に育毛剤をつけるわけですから、
育毛剤の効果が発揮されにくいのです。

この場合、禁煙して抜け毛の原因を減らせば、
育毛剤の機能が働きやすくなり、発毛という結果が早く現れます。

育毛剤が合わないと感じる時は、強いストレスや乱れた食生活など、
育毛剤の効果を下げているものがないか、チェックしてみましょう。

育毛剤の効果を、最大限発揮するには?

育毛剤を使っても薄毛が解消しない時は、
抜け毛の原因をつきとめて、それを解決するしかありません。

むしろ抜け毛の原因をしっかり解消してから育毛剤をつけたほうが、
育毛剤の効果が早く現れるのです。

抜け毛の原因は個人差が大きく、10種類以上あると言われていますが、代表的なのは「加齢」です。

年齢が進むと女性ホルモンが減少し、身体全体にさまざまな影響を与えます。
その影響の一つが、毛根が細くなること。これが薄毛の原因となります。

次によく知られている原因が「ストレス」。
ストレスは心身はもちろん、頭皮の健康にも影響するものなのです。

ストレスと同じように頭皮を不健康にするのが「食生活」。

いつも外食で食事をすませたり、甘いものばかり食べていると、栄養バランスが偏ります。
頭皮に栄養が行き届かず、髪の毛を育てる力がなくなってしまうのです。

また、髪の毛が気になるからと、ヘアケア製品を大量に使ったり、
シャンプーを強くやりすぎたりすると、頭皮に負担がかかってしまいます。

髪も頭皮も、繊細でデリケートなものです。
薄毛が気になるときは、ストレスや食生活など、身体の負担になるものを見直し、
いつも以上に優しく丁寧にヘアケアしてから、育毛剤をつけましょう。

原因や症状によって違う!?女性の育毛剤の選び方。

薄毛は男性だけのもの。なんて思っているかたはいませんか?
最近、女性でも薄毛に悩む方は増えてきています。

女性の場合、出産を機にホルモンのバランスが崩れ、薄毛になる方が多いようです。
とはいっても、原因はそれだけではなく千差万別。その原因によって選択するべき育毛剤も変わってくるのです。

では、どんな症状や原因の時に、どんな育毛剤を選ぶと良いのでしょう。
具体的にお伝えしていきましょう。

男性ホルモンが優位になった時に効果がある育毛剤

最近抜け毛がひどくて…。
というときの原因で多いのが、男性ホルモンが女性ホルモンよりも優位になることです。

もともと女性よりも男性に薄毛の方が多いのはそのためです。
女性でも、ホルモンのバランスが崩れてしまうと、男性ホルモンが優位になってしまうことがあります。
その原因として、

・元々男性ホルモンが多い傾向にある

・仕事などでストレスを強く受けている

・更年期などで女性ホルモンの量が減っている

という3つが主にあげられます。

男性ホルモンが優位になると、髪の毛を作る元になるタンパク質の合成が阻害されたり、皮脂の分泌が過剰になるため毛穴が詰まってしまったりします。
そのため薄毛になってしまうのです。

この場合の育毛剤には、男性ホルモンの働きを抑える作用のあるものや、女性ホルモンを調整する作用があるものを選択しましょう。

育毛剤の例

デルメッドヘアエッセンス

ザクローペリ

スカルプDボーテ

ヘアカルチ
など

また、大豆のイソフラボンなど、女性ホルモンの分泌を促してくれる食品をとることも効果的です。
頭皮に気を配るだけではなく、食生活にも気をつけることが大切です。

毛根細胞の栄養不足に効果がある育毛剤

抜け毛に短い毛髪が混じっているという方はいませんか?
そんな方は、毛根細胞が栄養不足になっている可能性があります。

短い毛が抜けるということは、毛髪が成長する前に抜けてしまっているということです。
毛髪の成長には、毛根細胞が重要な役割をになっています。
しかし頭皮が血行不良を起こしてしまうと、毛根細胞が栄養不足になってしまい、発毛のサイクルが乱れてしまうのです。

その原因として、

  • 睡眠不足
  • 無理なダイエット
  • アルコールのとりすぎ
  • 喫煙

などがあげられます。生活習慣の乱れが原因になるようです。
またこのほかにも、体の冷えや、運動不足、新陳代謝の悪化など様々な原因が挙げられます。

この場合は、血行を促進する効果のある育毛剤を選ぶと効果がえられます。

育毛剤の例

花蘭咲

MUNOAGE育毛剤

CA101育毛剤
など

なお、育毛剤だけではなく、頭皮マッサージや湯船にゆっくりつかること、食事に気をつけることなどでも頭皮の血行をよくすることができます。
頭皮の血行をよくするには、毎日の生活習慣を見直すことも大切です。

頭皮が乾燥したときに効果がある育毛剤

お肌が乾燥しがちな方は、もしかしたら頭皮も乾燥しているかもしれません。
細かいフケが多いという方は、頭皮が乾燥しているサインかもしれません。

頭皮は正常な状態の時、バリア機能が働き保護されています。
しかし頭皮が乾燥すると、このバリア機能が失われてしまい、頭皮にトラブルが起こることがあります。
頭皮トラブルが頭皮の炎症を引き起こし、その性で毛根細胞が傷つき、髪が細くなってしまったり、抜け毛がひどくなってしまったりするのです。

その原因として、

  • パーマやカラーリングのしすぎ
  • シャンプーの方法が間違っている
  • もともと乾燥しやすい

というようなことがあげられます。

乾燥が原因と考えられる場合は、保湿効果のある育毛剤を選びましょう。

育毛剤の例

ハリモア

マイナチュレ

フローリッチ
など

育毛剤だけではなく、頭皮改善に良いシャンプーなどを使ってみるのも効果があるでしょう。
また、このタイプは敏感肌の方も多いため、髪につけるものは肌に優しい成分のものを選ぶことも大切です。

皮脂の分泌が多いときに効果がある育毛剤

同じフケでも、大きなフケが発生している場合は頭皮の皮脂が過剰に分泌している証拠です。
皮脂が過剰に分泌することで、頭皮の毛穴がふさがれてしまい、常在菌の異常な繁殖を引き起こします。
この常在菌の繁殖が炎症反応を引き起こしてしまい、毛根細胞を傷つけてしまうのです。

この原因は、

  • ホルモンバランスの崩れ
  • シャンプーのしすぎ
  • もともと肌質が脂性肌

などがあげられます。

皮脂の分泌異常は、先ほどもお伝えしたようなホルモンバランスが原因のこともあったりするのでほかの症状も参考にしてみると良いでしょう。
また、皮脂の分泌の異常が、実は皮脂をシャンプーによって落としすぎていることから引き起こされていることも女性の場合は少なくありません。
皮脂を落としすぎることで、体が過剰に皮脂を分泌してしまうのです。
ですから、皮脂が多いからといって洗いすぎるのも良くないのです。
皮脂の分泌が多いと感じる方は、まずはその原因を探ってみましょう。

大きなフケが目立つ場合、多くの場合炎症を起こしています。
ですから、抗菌作用や、抗炎症作用、抗酸化作用がある育毛剤がおすすめです。

育毛剤の例

ハリモア

リリィジュ

長春毛精
など